Yugo Saso - actor


© mayumi


[ Biography ]

Yugo Saso was born in Shiga, Japan. At the age of 18, he moved to Vancouver, Canada. He studied acting at Gastown Actors Studio. In 1998, he moved to Taipei, Taiwan where he had an opportunity to learn Chinese.

After “To End All Wars” a feature film along with Robert Carlyle and Kiefer Sutherland, for the next four years, he worked with former Imperial Army translator Takashi Nagase who is the model of Yugo's role in the film and traveled around Thailand, Myanmar, Taiwan, Philippines, Indonesia and Papua New Guinea for the memorial services and the remains of the War dead searches and participated in peace activities to face the real postwar issue.

After "United Red Army" directed by Koji Wakamatsu and Yugo played Koichi Teraoka who was executed during Asama-Sanso Incident, Yugo fortunately got acquainted with Teraoka's mother and she kindly shared generally unrevealed bereaved family's perspective towards the incident with Yugo.

In 2009, a short film "Jitensha" in which Yugo played a lead role, was the official selection of 66th Venice International Film Festival of Corto Cortissimo. And Yugo recently received the Best Actor Award at 5th SAPPORO Short Fest. Another short “Persimmon” was premiered in LA in May 2011. "Persimmon" goes to International Competition of the Clermont-Ferrand International Short Film Festival 2012.

about CICADA, about Guam IFF

about Boin Monogatari



© takumi


[ Filmography ]

Cicada (2014) Dir. Dean Yamada - Feature - Lead
. . Winner of Best Narrative Feature at Los Angeles Asian Pacific Film Festival
. . Winner of Best Narrative Feature at Guam International Film Festival
. . Winner of Best Actor (Yugo Saso) at Guam International Film Festival
. . Award Winner of Narrative Feature at Heartland Film Festival


Persimmon (2012) Dir. Dean Yamada - short - Lead
. . Clermont Ferrand International Short Film Festival International Competition

Boin Monogatari (2011) Dir. Yugo Saso - documentary

Bicycle (2010) Dir. Dean Yamada - short - Lead
. . Winner of Best Actor (Yugo Saso) at SAPPORO Short Fest.
. . Winner of Vision Award & Crystal Heart Award at Heartland Film Festival
. . 66th Venice International Film Festival - Corto Cortissimo Short Competition


United Red Army (2007) Dir. Koji Wakamatsu - Supporting
. . Winner of NETPAC Award & CICAE Award at 58th Berlin International Film Festival

Moon Overflowing (2003) Dir. Ryota Sakamaki - Producer
. . Winner of Best Digital Video Award at Deauville Asian Film Festival

To End All Wars (2001) Dir. David L. Cunningham - Lead
. . Winner of Best Feature Film Award & Crystal Heart Award at Heartland Film Festival
. . Nominne of Best Supporting Actor at Method Film Fest.



YUGO SASO at IMDb






佐 生 有 語 - 俳優




身長 168cm
体重 60kg
免許 銃砲入手免許(カナダ)
言語 日本語/英語/中国語
趣味 料理/読書/居合道


出演作品


「Cicada」(2014) - 監督:Dean Yamada - 主演:佐生有語
ロスアンゼルス・アジア・パシフィック映画祭 最優秀作品賞 受賞
グアム国際映画祭 最優秀作品賞 受賞
グアム国際映画祭 最優秀主演俳優賞 受賞
ハートランド映画祭優秀作品賞 寿荘


「干し柿」(2012) 短編映画 - 監督:Dean Yamada - 主演:佐生有語
クレルモン・フェラン国際短編映画祭 インターナショナル・コンペティション

「母音物語」 (2011) ドキュメンタリー映画 - 監督:佐生有語

「自転車」(2010) 短編映画 - 監督:Dean Yamada - 主演:佐生有語
札幌国際短編映画祭 最優秀作品賞 最優秀男優賞 受賞
ヴェネチア国際映画祭 短編コンペティション部門


「実録連合赤軍・あさま山荘への道程」(2007) - 監督:若松孝二 - 寺岡恒一役
ベルリン国際映画祭 最優秀アジア映画賞 国際芸術映画評論連盟賞 受賞
東京国際映画祭 日本映画・ある視点部門 作品賞 受賞


「こぼれる月」(2003) - 監督:坂牧良太 - プロデューサー:佐生有語
ドービル・アジア映画祭 最優秀作品賞 受賞

「To End All Wars」(2001) - 監督:David L. Cunningham - 永瀬隆役
ハートランド映画祭 最優秀作品賞・クリスタルハート賞 受賞
メソッド映画祭 最優秀助演男優賞 ノミネート


「僕の知らない戦争があった」(2000) ドキュメンタリー番組 - 監督:満田康弘 - 主演:佐生有語





プロフィール

1973年、滋賀県出身。高校を卒業と同時に俳優を志し単身カナダへ渡る。バンクーバーのギャスタウン・アクターズ・スタジオで演技を学ぶ。多くの舞台や自主製作映画に出演。大学を中退後、本格的に俳優活動を開始。1998年に一旦帰国するが直ぐに台湾に渡り約1年半滞在する。

2000年、米映画”To End All Wars”に出演。陸軍通訳役のモデルとなった永瀬隆氏との出会いをきっかけにその後約4年間、タイ・ビルマ・台湾・ベトナム・フィリピン・インドネシアなど大日本帝国陸軍の足跡を辿る。遺骨収集をはじめとする慰霊活動や和解活動、平和活動を通して、戦に対して様々な立場の人々や関係者との交流を深め、戦後問題の現実を肌で感じる。

2002年、初めてプロデューサーを務めた映画「こぼれる月」は仏ドービル・アジア映画祭DV部門グランプリを受賞、多数の海外映画祭で高い評価を得る。2007年にはオーディションを経て、若松孝二監督「実録連合赤軍・あさま山荘への道程」に旧革命左派幹部・寺岡恒一役で出演。その後、寺岡の母親との交流を深め、一般的に全く知られていない「遺族」にとっての連合赤軍事件を知り、再体感する。

2009年、米短編映画「自転車」に主演。「自転車」は第66回ヴェネチア国際映画祭・短編コンペティション部門に入選。第32回クレルモンフェラン国際短編映画祭をはじめ、10数カ国の30を超える映画祭で上映される。第5回札幌国際短編映画祭ではグランプリを受賞。本人も最優秀男優賞を受賞する。
2010年、初の監督作品となるカルチャー・ドキュメンタリー映画「母音物語」を発表。2011年には米短編映画「干し柿」に主演。第34回クレルモンフェラン国際短編映画祭インターナショナルコンペティション部門に入選する。










RUBBER DUCK FOUNDATION and HOPE SUPER STARS absolutely No Rights Reserved 1973 - 2015